• 注文から納品まで
  • 商品紹介
  • A式
  • B式
  • C式
  • コンテナ
  • プラダンその他
  • ダンボールその他
  • 通い箱とは?
  • 特定商取引法
  • よくある質問
共栄スタッフ

通い箱とは?

再利用可能なプラスチック製のダンボール箱、それが通い箱です。
今、物づくりの現場では「ゼロ・エミッション」や「グリーン調達」など、環境保護に向けた積極的な取り組みが求められています。そのような中、破棄する必要のないエコロジーな通い箱が注目されています。
通い箱は紙製ダンボール箱に比べて耐久性・耐水性に優れ、汚れても洗えるといった利点があります。
1枚あたりの単価は割高になりますが、繰り返し使えるのでトータルコストは削減されます。

お客様の用途や内容物に合わせて最適な通い箱をご提案いたしますので、是非お気軽にご相談ください。
何度も使える通い箱
通い箱のメリット
  1. ・リサイクル可能です。
  2. ・紙のダンボールに比べ、耐久性や内容物の保護性に優れています。
  3. ・エコ企業というイメージアップにつながります。
  4. ・環境に優しい運営が可能です。
  5. ・流通のフローを考え、プラダン設計の際に考慮することで、運送コストや作業効率のアップが見込めます。
  6. ・ゴミ削減、ゴミの廃棄費用の削減につながります。
通い箱のデメリット
  1. ・通い箱を保管しておく場所が必要になります。
  2. ・常に箱を清潔に保ちたい場合、箱を洗う・拭くなどの手間がかかります。
  3. ・ダンボールに比べ単価が高い。
▲ページのトップへ